Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
潮見表 日本
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
FBM1966 

ヴェトナム戦争へ送り込まれる徴兵制のドラフト(赤紙)が

届いたのは、忘れもしない1966年3月、つい先月までの冬の寒さが

嘘のように暖かくなり、初夏のような陽気の朝だった。

 

猛烈にムカついた。国は家族と国家を守るために

忍耐と戦いに耐えることこそ美徳だ!と言うが

そんなこと、最初から信じていなかった。

 

昔から戦争に駆り出さすお約束、家族を守れ・・・

 

赤紙を焼き捨てた。

サーフボードを2台、それに手当たり次第に

着るもの、食べるもの、ナイフ、マッチ、

ビールとウィスキーボトルを

車に積み込み、

両親に別れも告げず、

サンディエゴに向い、さらにメキシコへの国境を目指した。

ラジオからはステッピンウルフが流れた後に

「すでに国境は閉鎖され、徴兵逃れを確保するために

MPが配置されている」とラジオでは言っている。

ジェファーソンエアプレインの「ホワイトラビット」が流れたので

不思議なピルを温いコーラで流し込んだ。

 

数時間後、真っ赤にサンセットに包まれながら

MPが待ち構える国境のゲートに着くと

夕日が眩し過ぎて意識が遠くなり、

しばらくの間、記憶が飛んだ。

気が付くとティワナの安宿にいた。

 

何と検閲をすり抜けられたのだ!

貴重なドルで安価なフードをテキーラ、

それにブツを仕入れ、ご丁寧にも予備に中古タイヤーも買い込み

砂漠を目指すことにした。

 

ドンファンに会ってみたい。

 

徴兵制から逃れるのは怖い。

でも見えない細菌や偏見だったら

もっと怖いだろうな、そんなことを考えていたら

砂漠とその先のポイントブレークを探す旅も悪くない。

 

学校で教わったばかりの

日本を打ち負かした核戦争から、

さらに細菌戦争、宇宙戦争と

戦争は想像を超えた領域に

いつか達するらしい。

 

ヴェトナムも嫌だが

細菌は見えない恐怖だ。

そうなったら誰もいない海岸線を

ひた走り最高のサーフポイントを見つけて

隠れて戦争が終わるまで暮らそう。

 

誰にも見つからないように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 22:17 | comments(0) | - |-