Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
潮見表 日本
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2024年パリ五輪

先の話になるが

2024年パリの五輪でサーフィンが開催される。

会場は、南フランス・ビアリッツでも

パリ近郊のウェーブプールでもなく

フレンチポリネシアン領タヒチらしい。

五輪は一都市で開催が約束と知っていただけに

驚いた。

第一、タヒチは一つの独立した国家だと

思っていた。フランス領だったのだ。

 

60年代、ロックは反体制のシンボルだった。

体制側は、ロックを体制側に取り込むことで

世の中の流れを変えようとした。

いつしかロックはポップになり下がり、

フェスは高額入場料を取る、ファッション的な

イベントに成り下がった。

 

国家は悪い奴が多く、頭が良い。

奴らは目を付けたのが

横乗りカルチャーと

60年代から連綿をヒッピーとサーファーが

創造した文化だ。

だから、サーフィンやスケートボードを

五輪に組み込み「スポーツ&エンターテイメント」に

取り組もうとしている。

つまり体制側のシステムのひとつにしようとしている。

 

これからは、エコロジーが金儲けになると気付くや否や、

サステナブルでデベロップメントのゴール(SDGs)などと

意味不明なカタカナを連呼して、

グレタちゃんは顔をしかめて、地球温暖化はいやーーー

と叫んでいる。後ろにいる大人は悪い奴ばかりだ。

子供も使っちゃだめだよ。

 

人に押し付ける前に、町のゴミをひとつでも

拾ってくれよ。

 

ともかく、サーフィンがシステムに取り組まれていくことが

嫌になった。

やっぱ、大人は信用ならない。

60歳になって改めて、大人にはなりたくないね。

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック