Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
潮見表 日本
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アメリカンロック

オーストラリアには、USAの流れを継承するバイク軍団、

通称バイキーが生き残っている。シドニーのスーパー危険地帯、

キングスクロスや、ウェスティー(内陸)に多く、

「怖い」に尽きる。海から少し内陸に入ったキャラバンパークに

宿泊したとき、バイキーの集団に出くわしたが

完全に犯罪集団の様相で、ポリスも本気で手を出さない。

 

バイクはハーレー20台くらいで、全員ごつくて

タトゥーにボディーピアス、分厚い革ジャン、スリーピングバッグ

日夜問わず酒臭。

 

そこに犬2頭連れた日本人サーファー、、、、しかも犬たちは

バイキーの元に擦り寄る。ここで殺されても誰も証人はいない、

たとえ見ていても誰も証言などしない。

 

ヘイ、サーフィー、どこから来た?

シドニー、ニューポート・・・

イエー・リッチマンだな!

チャイニーズか?

日本人だ。

JAPか、

JAPじゃない、ジャパニーズだ・・・・

 

このひとことで、先方の形相が一変した。

余計な一言だった。殺されると・・・・

 

愛犬2頭は、状況判断をしなかったのか、

先を読んでいたのか、俺の太ももより太い腕の

刺青野郎に頭をなぜられている。

一気に首を占められてたら、どーしよう!

 

刺青バイキーの一人が、ディンゴか?(オーストラリアの犬)と

聞くので、日本から3人(犬2頭と来た)と伝えると

態度が一変、何しにした?

サーフィンと自由だ。

 

ここはそういう場所だ、エンジョイしろよ、と

瓶ビールをくれ、飲んだ。

肉を焼き、愛犬にも分けてくれた。

但し固くて、参ったがうまかった。

 

後日オージの友人にその件を話すと、そこは危険地域でお前キチガイだよ、

普通は半殺しだぞ、、、、、

 

車のCDからレイナードスキナードが意味もなく

偶然かかっていた。アメリカンバンドで

ナショナリズムゴチゴチ白人衆生主義のバンドだが

音が好きで聴いている。

 

音楽と、犬が私の命を救った。

 

アメリカ南部には差別主義的バンドがあるが

南部独立戦争の旗を掲げて、歌う。

オーストラリアは、ミッドナイトオイルが政府批判を
繰り返す。

 

レイナードスキナード Red white and blue

https://www.youtube.com/watch?v=2-ZQ5T8wjsg

 

日本には、その手バンドが、歌手が少なすぎる。

メディアが抹殺するからだ。

 

サーファーよ、GQマガジン、オーシャンズ、サファリも

悪くはなかろうが、レイナードスキナードなら

LA プラステックなんてゴメンだ!

真実道を進むもう、と歌う。

 

世間はサーファーをアウトサイダーを決めるものもいるが

ITバブルで、ビットコインで、クラブ経営で、金儲けしている類とは

本質が違う。サーファーには、別の価値観がある。

 

レイナードスキナードの red white nand blueの歌詞はシビれますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://www3.ozartsurf.com/trackback/517
トラックバック