Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
潮見表 日本
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
明日は発売日

明日1月10日、ブルーの最新号が店頭に並ぶ。

述べ32ページ書かせていただき、後書きは

難産の末、編集長と共同で完成させて頂いた。

良き編集者がいればこそ、ページにできる。

 

最初はファインだった。シドニーから仕事で東京を訪れ

銀座でサーフィン誌を立ち読みしていて、なぜかファインが

面白かった。最後の方にカリフォルニアとハワイを今を伝える

ページがあったが、なぜかオーストラリアはなかった。

ファインの版元、日之出出版は銀座から遠くなく

時間があったのでアポなしで行ってみた。

麻子さんという素敵な編集の方が、話をしてくれた。

「なぜ、オーストラリアのページがないか?書く人が

いないからよ!」・・・「ここにいます」

こうして私はサーフィンジャーナリストを目指すようになった。

毎号1ページに懇親を込めた。

やがてNALUにコラムを持たせてもらい、

ファインやNALUのオーストラリア取材のコーディネートと

原稿書き、サーフィン関連の仕事が増え

取材は、自分と編集者、カメラマンがサーフィンをすることを

念頭にスケジュールとアポを入れた。

波が良ければ、取材は後回し、しかし良い波のピークに行けば

取材の対象者がいて、全て円滑に進む、それが本質だと気づいた。

 

そしてブルーの創刊2号目から仕事をさせてもらい

69号を迎える。正月にチームブルーとサーフィンした。

寒い千葉、強いサイドオンショアー、ダンパー、

それでも楽しく、やがて風は止まり、走れる波になった。

私を含めた4名は幸福感に包まれ、寒さも良い思い出に変わる。

 

シドニーに戻る前に、寒い日本でサーシンしている。

あれほど苦手のネックエントリーも慣れると手放せない。

脱着さえ克服すれば、暖かく動きやすく、これぞ21世紀最初の

完成品だ!と豪語している。昨日まで「これは拷問だ」と

吹聴していたのに・・・・・・・・

 

シドニーは48度近くになり、友人に電話したら

「Fuckin' HOT killing us」と何度も言う。

もう少し日本にいたほうが良いかな?

 

 

 

 

寒いのもツライが、48度はヤバい。

むかし南インドを波探しトリップしたとき

44度になった。サウナの中のようで息ができず、

ポンディチェリーのエアコンありホテルに数日篭もり

外出を控えた。ぎゅうぎゅう詰めエアコンとは無縁の

公共バスに数時間揺られたら、しかもサーフボードを

持ち、、、、それは死に直結しかねないと感じたからだ。

売人のエルビスさえホテルの前にいないほど暑かった。(熱かった。)

 

さて寒さを満喫しながらサーフィンしますか、

今年は、感謝、尊敬、満足、

謙虚に生活したい。

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://www3.ozartsurf.com/trackback/510
トラックバック