Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
潮見表 日本
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
サーファーズジャーナル

オーストラリアにサーファーズジャーナルという雑誌があった。

年に4回発行され売り切れる前にニューズスタンドで購入していた。

ともかう圧倒的に中身がアカデミックで、極端に広告が少ない平綴じ。

紙質も良く、トラックマガジンやサーフィンライフがフリーマガジンに

感じるほど質感が高かった。オリジナルはUSAだが、毎号オーストラリアの

記事もあり、アンドリュー・キッドマン、デレク・ハインドなどが

記事を書いていた。オーストラリア版の編集長はフィル・ジャレット。

元トラックスの編集長である。オーストラリアのサーフィンメディアの

トップは大部分がトラックスに関わっている点は見逃せない。

 

ある日を境に本はでなくなった。廃刊である。

しょうがないのでアメリカから倍以上の値段(送料が高い)を支払い

購読していた。一冊日本円で2500円くらい出す価値はあった。

そのうち、日本版が発行され、乗り換えた。

今でももちろん購読しているが、毎号時間をかけて読み込んでいる。

この数号、奇妙な現象が起きている。表紙の裏、裏表紙の裏は

広告ページとして、中面より高く売れる。しかしそこに広告がないのだ。

おそらくそのページは高いので、高額を支払える広告主がいないのだろう。

普通なら、少しでも高額なクライアントに提供するのが営業的行為だが

サーファーズジャーナルは、それを良しとしていないようだ。

真偽のほどは知らないが、ともかく広告が少ないのは嬉しい。

 

かつてサーフィンクラシック編集長の石井さんは

「雑誌は薄いほうが良い、スキー雑誌のように広告ばかりで

分厚のはダサい、広告収入に頼らず雑誌を売ることこと健全」と

いうようなことをおっしゃっていた。

サーフィン雑誌は薄くて記事が多いのが理想だと思う。

 

ところでサーファーズジャーナルの最新号は圧巻、

なんといってもリック・ラスムーセンの特集、

大好きなスタイル、映画「ファンタシー」、ハイライトの

南アフリカ・ジェフリーズベイでのテリー・フィッツが神がかっている。

数あるサーフィン映画の中のベスト10の中でのトップの部類に入る

シークエンスだ。テリーさんと交互してリック・ラスムーセンの

バックサイドを見ることが出来るが、大好きだ。

鏡の前で今でもコピーしている。35年以上に渡って鏡の前で

追求している。手の振り方、膝の角度、肩の入れ方、目線、

ボトムでの腰の下げ方、、、、是非見ていただきたい。

同様に三橋モスケさんのバックサイドもコピーしているが

動画はない。

 

あなたは誰をコピーしていますか?

ジェリー・ロペス、リノ・アベリラ、MP,ラビット????

今じゃ、JJF,オーエン・ライト、ウィルキー、空飛ぶブラジリアン、、、

なのかな? スタイルこそ全てですからね。

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://www3.ozartsurf.com/trackback/497
トラックバック