Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
潮見表 日本
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
5月の大失敗

毎号ブルーでコラムを書かせて頂いている。

「フラッシュバックメモリー」、フォトグラファーの芝田さんとの

コラボレーションで、70年代から80年代の今だから

笑える題材をモチーフに書いている。

しかし5月号で大失態をやらかしてしまった。

ジェリー・ロペス大先生のことを書かせて頂いたのだが

掲載誌を見てたまげた。なんとジェリーさんが

レギュラーフッターになっていた。

芝田さんの写真、特に昔の作品はポジフィルムが大半で

編集者が誤って反転した状態で印刷所に入稿してしまった。

しかも誰ひとり校正で気付かないという異常事態、

もっとも入校を済ませた私は、その頃ハウィのワイキキに

サーフィンに興じていた。

また通常なら編集者から校正のPDFが送られてくるが

その回に限って来なかった。

 

実はこの編集者はその前に、よりによって芝田さんの

貴重なポジ紛失という業界では「有り得ない」失敗を

犯した。流石に温厚な芝田さんも私も編集長を

目黒の昭和風居酒屋に呼び出し、文句を言うつもりだったが

いきなり侘びを入れられ、まあ今回はしょうがないかと。

そこへドジな編集者も現れ、一番デカい虎屋に羊羹を

持参して、ほぼ土下座状態、、、、

これ以上、文句も言えず、これの件は一件落着とした。

 

そして5月号である。これは流石にアウトだ、

と思いお詫びと訂正を入れようという話になったが

ドジな編集者いわく、一件もクレームが来ていない、

見て見ぬ振りして終わりにしよう・・・

その提案を受けてしまった私も悪かった。

よくよく考えれば、万が一にもジェリーさんが

このページを見ていたら、どうなるんだ。

 

編集部にこそクレームは来なかったが

その後、私と芝田さんに続々と

何やっているだ!恥知らず、とレジェンド級のサーファー達から

電話にメールの嵐、、、、、

結局11月売りで「お詫びと訂正」を入れることになった。

 

ジェリーさんの写真を反転して使用したツケは大きすぎる。

今、その原稿の締切に追われている。

 

ついでに同じ号で芝田さんの特集14ページも組まれた。

 

11月10日発売のブルー、今大きなプレッシャーを

感じながらパソコンに向かい合っている。

 

本当にすいません、先ずはジェリー・ロペス大先生、

そして読者の皆様、さらには日本のサーフィン界、

そして全世界のサーフィン業界の方々。

posted by: ozartsurf | - | 05:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://www3.ozartsurf.com/trackback/477
トラックバック