Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
潮見表 日本
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
〆切

雑誌に原稿を書かせてもらい、もうすぐ20年。

最初は日之出出版のファインだった。

シドニーから東京へ出稼ぎで訪れていた際に

時間があったので銀座の本屋で

サーフィン雑誌を立ち読みしていた。

一番派手なのがファインで、編集部も

八丁堀と歩いて行ける距離だったので

とりあえず訪問した。

 

「世界のサーフィン」というページがあったが

ハワイとカリフォルニアだけで、

オーストラリアはなかった。

何とかアポなしでも編集部の方は会ってくれた。

とても素敵な女性で「オーストラリアのページがない理由」を

尋ねると・・・「書く人がいないから」、、、

ここにいいますよ・・・・

そんな感じで毎月連載が始まり、

並行してシドニーの日本人向けフリーペーパーにも

サーフィンの記事を書くようになった。

 

気が付けば、NALU、サーフトリップジャーナル、

今は無きサーフィンワールド、サーフファースト、

そしてブルーの創刊と、取材と原稿書きのために

サーフィンが忙しくなった。

サーフィンして稼いでこれもプロ、

でもサーフィンジャーナリストでも

超えてはいけない一線に気付いた。

 

それを守り続けた。

でもブルーで一線を超えた。

7月10日売りの号の連載「フラッシュバックメモリー」で

サーフガイド、サーフィンパッケージツアーのことに触れた。

もしかしたら書いてはいけないことかもしれない。

 

でも、感じたことは機会ある限り書く事にした。

やっぱ、サーフィンはパッケージツアーではないでしょう。

カネ払ってサーフガイドもなしでしょう。

土地のローカルと仲良くなり

お礼にいっぱい奢るとか、ボードを置いていくとか

感謝の示し方は、少なくても現金ではないはずだ。

でもガイドとツアーという仕事は存在して

それで生計を立てている人もいるから・・・・

複雑だけど、やっぱJALパックみたいな

サーフィン旅行、ダイビングみたいなガイドさんは

サーフィンには適していないように感じる。

 

もっともバリで、ここはガイドなしじゃ入れないぞ、

と、英語とインドネシア語で

全身タトゥーの怖そうなバリニーズに凄まれたが、

同行のオージーが、ふんじゃ、隣のピークへ行こうと

すぐ隣でサーフィンした。

陸に上がるとガイドが日本人を6人引き連れ

別人のような笑顔で、変な日本語を喋っていた。

 

なんだか、これじゃサーファーが

ダサくなっていくように感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
アメリカンロック

オーストラリアには、USAの流れを継承するバイク軍団、

通称バイキーが生き残っている。シドニーのスーパー危険地帯、

キングスクロスや、ウェスティー(内陸)に多く、

「怖い」に尽きる。海から少し内陸に入ったキャラバンパークに

宿泊したとき、バイキーの集団に出くわしたが

完全に犯罪集団の様相で、ポリスも本気で手を出さない。

 

バイクはハーレー20台くらいで、全員ごつくて

タトゥーにボディーピアス、分厚い革ジャン、スリーピングバッグ

日夜問わず酒臭。

 

そこに犬2頭連れた日本人サーファー、、、、しかも犬たちは

バイキーの元に擦り寄る。ここで殺されても誰も証人はいない、

たとえ見ていても誰も証言などしない。

 

ヘイ、サーフィー、どこから来た?

シドニー、ニューポート・・・

イエー・リッチマンだな!

チャイニーズか?

日本人だ。

JAPか、

JAPじゃない、ジャパニーズだ・・・・

 

このひとことで、先方の形相が一変した。

余計な一言だった。殺されると・・・・

 

愛犬2頭は、状況判断をしなかったのか、

先を読んでいたのか、俺の太ももより太い腕の

刺青野郎に頭をなぜられている。

一気に首を占められてたら、どーしよう!

 

刺青バイキーの一人が、ディンゴか?(オーストラリアの犬)と

聞くので、日本から3人(犬2頭と来た)と伝えると

態度が一変、何しにした?

サーフィンと自由だ。

 

ここはそういう場所だ、エンジョイしろよ、と

瓶ビールをくれ、飲んだ。

肉を焼き、愛犬にも分けてくれた。

但し固くて、参ったがうまかった。

 

後日オージの友人にその件を話すと、そこは危険地域でお前キチガイだよ、

普通は半殺しだぞ、、、、、

 

車のCDからレイナードスキナードが意味もなく

偶然かかっていた。アメリカンバンドで

ナショナリズムゴチゴチ白人衆生主義のバンドだが

音が好きで聴いている。

 

音楽と、犬が私の命を救った。

 

アメリカ南部には差別主義的バンドがあるが

南部独立戦争の旗を掲げて、歌う。

オーストラリアは、ミッドナイトオイルが政府批判を
繰り返す。

 

レイナードスキナード Red white and blue

https://www.youtube.com/watch?v=2-ZQ5T8wjsg

 

日本には、その手バンドが、歌手が少なすぎる。

メディアが抹殺するからだ。

 

サーファーよ、GQマガジン、オーシャンズ、サファリも

悪くはなかろうが、レイナードスキナードなら

LA プラステックなんてゴメンだ!

真実道を進むもう、と歌う。

 

世間はサーファーをアウトサイダーを決めるものもいるが

ITバブルで、ビットコインで、クラブ経営で、金儲けしている類とは

本質が違う。サーファーには、別の価値観がある。

 

レイナードスキナードの red white nand blueの歌詞はシビれますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ユーチューバー的稼ぎ

プロコンテストは年を追うごとに

過激な演出が求められている。

ウィンキーポップやマーガレットリーバーの

ショアーブレークでのエアー・・・

バックドアやチョープーでのチューブ・・・

 

デレク・ハインドはこれらを度を越していると嘆く。

ウェブでの聴取者を含めた観客は

より凄いシーンを求めている。

選手は勝つために生死に関わるライディングを

虐げられている。

 

女子も近い将来パイプラインで

試合が開催されるかもしれない。

 

観ている側は、巨大な水の力、

リーフの危険度、ピリピリした空気など

どうでも良い、というか選手同士が

沖で喧嘩をするのを楽しみにしている。

 

さらに悪いことに、GOPROを

ボードやヘルメットに装着して

危険な波に突っ込み、その様子を

ユーチューブにアップして稼ぐ風潮が生じている。

ユーチューブだけではない。

ネットTVと契約して危険に挑む者もいる。

 

先日、日本人の登山家が他界されたが、

ネットTVで生配信され、

多くの大企業がバックアップしていた。

 

レッドブルなどは莫大な資金で

XーGAMEなどの危険レベルを果てしなく

上げている。

 

金を追い求めると

何のためにやっているのかを

見失いなねない。

 

フリーサーフィンさえ激変した。

地図とコンパスの代わりに

スマホとサーフガイドでピークにたどり着。

 

実は、某雑誌の取材をすっぽかした。

中身はオーストラリアのポイント紹介、

求められたのは、日本では知られていない、

ポイント・・・・・

 

メディアサイドにいた私は

26年前、モルディブをサーフィン誌に

紹介という大罪を犯してしまった。

人知れず通い続けたパスタポイントは

サンゴが踏み潰され、

サルタンのピークはでは波の取り合いで

嫌な空気が充満した。

 

自分のとって大切なポイントは

不特定多数に教えてはいけない、

という教訓が芽生えた。

 

今日、波が良かった!と写真と実名入りで

フェイスブックにアップした途端、

翌日から知らない人でピークが

埋め尽くさる時代である。

 

ネットで波探し、、、は良い時代?

アパート探しじゃあるまいし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
嫌な空気

ネガティブな話題で恐縮だが・・・・

先日、とあるポイントで

普段優しいローカルサーファーが、

人が変わった如く、

大声でFワーズを連発していた。

具体的には、ファックオフ100連発である。

 

そこはオーストラリア東海岸の

カントリービーチ。

岬の先端の小さな町には

小さな個人経営の何でも屋、

リカーショップとそこに隣接するRSL(退役軍人のためのパブ)

があるだけで、大型スーパーまでは車で30分かかる。

 

そこで真昼間からサーファーが喧嘩をしている。

すぐに分かったのはローカルとブラジリアン数名の

揉め事ということだ。

 

数日前からブラジリアンサーファーが4名で

沖に来ては、わざわざ私の横に来て

どんな波にでもパドルをする。

感じが悪いので、私は別のピークへ移動した。

ここでの鉄則は、悪い雰囲気を作ってはいけない、

たとえ相手が誰であっても。

 

あの時、駐車場でローカルの怒りがピークを超えた。

ローカル1名VSブラジリアン4名、、、、

私は、場合によってはローカルの味方をしようと

覚悟を決めていたら、、といっても喧嘩になれば

大怪我させられそうだ。だってブラジリアたちは

デカくて、全身タトゥー、ピアスで怖すぎる・・・

 

一人で喧嘩覚悟のローカルの横に突っ立っていたら

すぐに別のローカルが10名くらいが現れ、

ブラジリアンは血相変えてレンタカーで消えた。

本当は恐ろしかった、、、すぐに車に逃げ込もうと

思ったが、それも出来なかった。足がすくんでいたからだ。

 

パーキングで大声で怒っていたローカルが私に

「ソーーリーー、ちょっと興奮しすぎた。

気にしないでくれ。さあ、沖に行ってセットを

つかまえようぜ!」

 

このポイントをアルビー・ファルゾンは

「ファミリーポイント」と呼ぶ。

 

世界中でローカリズムが強くなったのは

60年代後期からで、理由は無謀なビジターのせいだ。

ただし、意味もなく威張り散らすローカルもいるから

訳がわからなくなる。

 

私が尊敬する湘南の超有名ポイントの親分は

「世界中、どこへ行っても、初めてのポイントに入れる

サーファーになりたい」と話していた。

全く同感だ。

 

Respect Local Rule

Be Good Visiter.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
あの道を辿ると

いつもの岬に着くと景色が違う。

30年なんて地球の営みの中では

人の一生に例えれば、

瞬き(まばたき)一回にも値しないほど・・・

瞬間だ。正確には瞬間よりもっともっと

天文学的に「無」に近い時間だと思う。

 

つまり無に等しい瞬間に

地球上の海岸線が

蝕まれてしまった。

過去形と思いきや、悪いことに

現在進行形だ。

 

サーフィンを始めて

たった40年なのに

どれだけ多くのサーフポイントが

消滅して、汚されているのか?

ボブ・ディランなら「答えは風の中さ」と

歌うのだろうか?

第一、そのボブ・ディランがフジロックに

出演するなんて?嘘だろう???

 

つまり、ノーベル賞もヘッタクレもない、

世の中、金、かね、カネ、、、、

だから海岸線が破壊されている。

 

気分は「モーニング・オブ・ジ・アース」で

例の岬に着くと景色が違う、

もうあの波はない。

 

それにしても、、、

神聖なウルワツには似ても似つかぬ

汚いリゾートが建ち並び・・・

稲村ヶ崎の砂浜はどこかへ消えてしまい・・・

キラにはMPがくぐり抜けた輪っかは巻かない。

 

さーて、どっちへ行こうか?

地球上からシークレットポイントという

魅惑的で甘い香りの桃源郷が失われて、

やっぱり人類は質の悪い生命体だよね。

 

マンゴの季節も終わりだから

北へ行こう。

 

カーステレオから、

Opne Up Your Heart

が大きな音で流れている。

窓を全開にしても

風の音に負けないくらい

大きな音で・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-
WLS@Goldiie

クイップロがスタート、今年も長いサーキットが始まる。

随分メンツが変わったが、それも時代、しかしミックファニング

パーコ、ケリーなど健在なのには驚く。ミックは引退表明を

していたと思うが・・・けっこう気分で近所だから出る?もあり。

 

ところでカノア君が試合前から日の丸付けていたのには驚いた。

2020東京五輪に日本出場するためには、確か18歳までに

国籍を決める必要がる。レンポウじゃあるまいし二重国籍は

ダメです。

個人的には日の丸背負って欲しい、日本語より英語の方が

上手いし、仕草もアメリカンだけど、話すと日本の精神と

マナーを理解している。両親、クイックシルバージャパンなど

環境が良いからでしょうか?

 

それにしても初戦からしてブラジリアン、多すぎねぇー

フリーセッションでも波取りすぎで、ローカルと

火花バチバチ、ゴールディーのロコは

富士川と同じで、世界のトップだって

態度次第では容赦ない。松部も稲村も・・・・・・・

 

女子プロの奥からテイクオフして、追いついたら

スゲー顔で指立てらてて、「チェッt!」顔に出たら

顔見知りのローカルが、「顔もブスだし、ローカリズム無視、ファックだな」と

デケー声をあがて、また女子プロは見向きもせずに追い越してピークで前のりを

決めていた。ケツにノーズが刺さらないことを祈ります。

 

真夏のスナッパーより

明日は、R3,カノア、勝つよ!

 

posted by: ozartsurf | - | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
どうして日本で報道されないの?

中国沖でタンカーがひっくり返り

大量の重油が日本に流れて着いている。

これ、大事件ですよ。

 

すでに奄美大島の東シナ海に流れ着いているとか、、、

 

posted by: ozartsurf | - | 21:18 | comments(1) | trackbacks(0) |-
明日は発売日

明日1月10日、ブルーの最新号が店頭に並ぶ。

述べ32ページ書かせていただき、後書きは

難産の末、編集長と共同で完成させて頂いた。

良き編集者がいればこそ、ページにできる。

 

最初はファインだった。シドニーから仕事で東京を訪れ

銀座でサーフィン誌を立ち読みしていて、なぜかファインが

面白かった。最後の方にカリフォルニアとハワイを今を伝える

ページがあったが、なぜかオーストラリアはなかった。

ファインの版元、日之出出版は銀座から遠くなく

時間があったのでアポなしで行ってみた。

麻子さんという素敵な編集の方が、話をしてくれた。

「なぜ、オーストラリアのページがないか?書く人が

いないからよ!」・・・「ここにいます」

こうして私はサーフィンジャーナリストを目指すようになった。

毎号1ページに懇親を込めた。

やがてNALUにコラムを持たせてもらい、

ファインやNALUのオーストラリア取材のコーディネートと

原稿書き、サーフィン関連の仕事が増え

取材は、自分と編集者、カメラマンがサーフィンをすることを

念頭にスケジュールとアポを入れた。

波が良ければ、取材は後回し、しかし良い波のピークに行けば

取材の対象者がいて、全て円滑に進む、それが本質だと気づいた。

 

そしてブルーの創刊2号目から仕事をさせてもらい

69号を迎える。正月にチームブルーとサーフィンした。

寒い千葉、強いサイドオンショアー、ダンパー、

それでも楽しく、やがて風は止まり、走れる波になった。

私を含めた4名は幸福感に包まれ、寒さも良い思い出に変わる。

 

シドニーに戻る前に、寒い日本でサーシンしている。

あれほど苦手のネックエントリーも慣れると手放せない。

脱着さえ克服すれば、暖かく動きやすく、これぞ21世紀最初の

完成品だ!と豪語している。昨日まで「これは拷問だ」と

吹聴していたのに・・・・・・・・

 

シドニーは48度近くになり、友人に電話したら

「Fuckin' HOT killing us」と何度も言う。

もう少し日本にいたほうが良いかな?

 

 

 

 

寒いのもツライが、48度はヤバい。

むかし南インドを波探しトリップしたとき

44度になった。サウナの中のようで息ができず、

ポンディチェリーのエアコンありホテルに数日篭もり

外出を控えた。ぎゅうぎゅう詰めエアコンとは無縁の

公共バスに数時間揺られたら、しかもサーフボードを

持ち、、、、それは死に直結しかねないと感じたからだ。

売人のエルビスさえホテルの前にいないほど暑かった。(熱かった。)

 

さて寒さを満喫しながらサーフィンしますか、

今年は、感謝、尊敬、満足、

謙虚に生活したい。

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-
久しぶりの原稿

ブルー、NALU、STJなどに記事を書かせて頂いているが

1月10日売りのブルーに久しぶりの「やりたい放題」を

書かせて頂いた。

詳しくは発売前なので書けませんが、全32ページ、

写真はアート・ブリュワー、ジョン・ウッツグ、ラスティー・ミラーの3方。

アメリカとオーストラリアを代表する巨匠中の巨匠、60年代から

活躍するフォトグラファーだ。

だからクレジットを Photo ではく Photo Legacy にした。

 

放送禁止用語が続出しているが印刷物なので許される。

過激に、やった!

 

この歳になるとさすがに「ファイン」「サファリ」に

書くのは烏滸がましく若者向け2誌は引退させて頂いた。

今の自分にはブルーが一番会っているようだ。

 

先日、池袋でフォトグの芝田さん、ジッタンさんと

久しぶりに飲んだ。途中からマドンナも合流、

「最近、男遊びに目覚めた」というだけあって

美しい。

東京にいる間にできることをしようと外出することが多い。

 

シドニーにいると夜は余程のこと、パーティー、映画界、写真展

以外は夜の外出はしない。暗い道を運転するのが苦手だからだ。

従って遠出する際には早朝出て夕方到着する場所に滞在して

翌朝、再び目的地を目指す。

 

数年前、愛犬2頭とシドニーからベルズを目指した。

キャンプしながら、朝はゆっくり、午後の3時くらいに

キャンプ、を繰り返し、述べ1週間かけた。

あれは楽しかった。ベルズに着くと

リップカールのR1の途中で、

メディアパスがあるので、一番上のパーキングに停めて

選手たちを朝バッフェしながらインタビューして、

みんな、初めて見るニホン犬2頭の頭をなでてくれた。

ルーク・イーガンは後日、ナラビーンのプロジュニアで

我が愛犬と再会すると「ヘイ、シャイニー&ブラウニー」と

名前を覚えていて、うちのワン子たちもルークのことを

覚えていた。もしかして私が見てないうちに

ルークさんはチキンフライをあげていたのかも?

 

ともかく私は32ページの大作を終えて

自由になった。しかしこの数週間集中していたので

なんだか祭りの後の寂しさを覚える。

好きなことを書いている最中は猛烈に楽しい。

刷り上がってくるのが楽しみだ。

 

私に中ではブルー3部作「サーフィンを読む」

「ショートボード革命」の最終校になる。

「サーフミュージック」2冊も満足した出来だ。

ちなみに次号の中には抱井さんに2ページ書いて頂いたが

常に予想外の文章で、最高だ!

この機会に抱井さんに1台サーフボードを削っていただく

お願いをしてOKを頂けた。

 

さあて、年末は寒い日本を満喫するぞ!

問題はウェットスーツで、届いたばかりの

ネックエントリーの脱着を自宅で練習するが

成功せず、汗まみれの末、妻の力を借りている有様だ。

つまり自力で脱着できないというわけだ・・・・・

 

さて風呂に入る前に今晩も練習する・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: ozartsurf | - | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
アンドリューの新作

一度観ただければ、買得困難

こんなもに5400円、損したと

思う人が多いはずだ。私は2000年から

アンドリューと付き合い、

商売をして家族付き合いをしている。

 

流石に本作は最初観たとき、商業ベースではないと思う。

でも毎晩鑑賞するうちに、少しずつ理解でき

今では、サーフィン哲学の基礎を訴える認識、

アンドリューはデレク門下生。

WOULDという言葉を多用する。これは可能性の助動詞だ。

 

もしアンドリューの最新作を購入して

欲しくないと思われた返品可能のシステムをします。

 

僕は商売が大切ですが

短期的でなく、サーフィンを伝えたい。

サーフィンとは、自由の象徴、哲学、宗教、生き方

生活様式、仲間意識、絆、、、、、、、、、、、、

つまり人生そのもの、、、

その点については1月10日売りブルーに書いているので

勃起読みして下さい。

 

アンドリューを応援してください。

難解なフィルムも年を重ねれば

意味が分かる、と思います。

 

でもダメ!なら返品可能、、、

一度は観てね。

 

posted by: ozartsurf | - | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |-